色の意味と自分カラーを探すWEBサイトです

色=光の正体


人が眼で捉えている事象は、全て「光」によってもたらされています。 光には「波長」があり、その中でも人間に見えるものを「可視光線」と呼んでいます。 可視光線である虹色は赤から始まり紫で終わります。これ以上の光(色)が見えることはありません。
赤の波長より長いものを赤色のさらに外側にあるので、赤外線と呼び、紫の波長より短いものを紫色のさらに外側にあるので紫外線と呼びます。 他にも電波やX線、遠赤外線等も同じ部類になります。
では、可視光線の中にある色とは何でしょうか?
「物が見える」という原理は、「その物に光が当たっているから」です。その中でも特定の波長のみ反射し、残りの波長を吸収する事で、その波長に対する色に見えるという原理です。
例えば、みかんがオレンジ色なのは、オレンジ・橙色の光の波長を跳ね返し、それ以外の波長を吸収しているため、人の目には「オレンジ」に見えるのです。
[スポンサード・リンク]
[スポンサード・リンク]

色と生命の関係


植物も動物も、ごく一部の生き物以外は「光」が生命の源になっています。
木の葉が緑に見えるのは、光の緑の波長を反射し、残りの波長を吸収しています。 つまり、木の葉にとっては、吸収する=生命維持に必要であると考えられます。
人間も、住む地域によって目の色や皮膚の色が違っているのはこのためで、生命活動に欠かせない色を吸収し、跳ね返し、構成しています。

私が色について研究・調査したのは宇宙の森羅万象と通じているからです。色を理解することで光を理解し、光を理解することで宇宙を知る手がかりになるかもしれないと感じたからです。
調べれば調べるほど謎に満ちている光=色の世界。ぜひあなたのご意見もお聞かせ下さい。
[スポンサード・リンク]

カラーセラピー・オーラソーマ、色彩・カラーのポータルサイト
オンラインカラーセラピー公式サイト

[関連サイト]

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


>>> Contact <<<
お問い合わせ

色についてのサイト スマートフォンサイト